被災地に緑のカーテンを。ベジウォール募金

この度の東日本大震災で、多数の仮設住宅が必要となりました。
主な仮設住宅は、金属の柱と木のパネルでできており、
断熱材などがないため夏は暑く、冬は寒いのです。
さらに今年は、電力不足により節電対策をとらねばなりません。

そんななか、少しでも仮設住宅でのくらしを良くするための働きとして
「仮設住宅×緑のカーテンプロジェクト」というものがあります。
これは、緑のカーテンを設置することで、家の中の体感温度を下げ、
少しでも快適な空間を作ることを目的としています。

ロハスガーデンは、ベジウォール(トマトのみのセットを除く)の
売上げのうち5%を「仮設住宅×緑のカーテンプロジェクト」を主催している
NPO法人緑のカーテン応援団へ寄付することにいたしました。
ちいさな力ではありますが、
一日でも早く、みんなに健やかなくらしがもどりますよう
願いを込めて…

2011.5.26
ロハスガーデン

埼玉県 旧騎西高校(福島県双葉町避難所) 宮城県 多賀城市山王四区

緑のカーテン応援団は、この度の東日本大震災による仮設住宅3万戸に
「緑のカーテン」を設置し、電気使用量を軽減しながら仮設住宅の
温熱環境を改善する取り組みをしているNPO法人です。
ロハスガーデンスタッフも緑のカーテン設置活動に参加しています。

ページトップへ